ホームセンター求人ランキング

ホームセンターへの転職をお考えなら

日曜大工やDIY、ガーデニングなどホームセンターは様々な分野で展開しています。これからホームセンターに転職を考えた場合まず何をすればよいでしょうか?当サイトでは転職サイトの活用をおすすめしています。

例えばインテリジェンスが運営しているDODAでは常時2万件を超える求人数を保有しています。もちろんホームセンターの案件も多いですし、キャリアアドバイザーと相談しながら確実な転職活動が行えます。一度登録しておいて損はありませんよ。

ホームセンターの求人も豊富!転職サイトランキング!

  サービス名 料金 転職エリア オススメ度数 詳細
DODAエージェントサービス 無料 全国 ☆☆☆☆☆ 詳細
【当サイトがお勧めするポイント】
総合人材サービス業界でも大手のインテリジェンスが運営する転職サイトがDODAです。求人数の多さが魅力で常時2万件を超えていて、業界でもトップクラスです。その中にはホームセンターの求人も多数含まれています。ただ単にキャリアアドバイザーからサポートを受けられるだけでなく、自分でホームセンターの求人を探して自主的に応募できるシステムも兼ねていますので、自分の好きなスタイルで転職活動できます。非公開求人のホームセンターの案件も多数揃えています。

リクルートエージェント 無料 全国 ☆☆☆☆☆ 詳細
【当サイトがお勧めするポイント】
人材サービスの中では国内屈指の実績を誇っているリクルートの運営する転職サイトになります。各業界とのパイプが太く、毎週1000件を超える新着・更新求人が新たに発生し、その中にはホームセンターの求人もたくさんあります。少し時間を置いてチェックすれば、理想の案件が新しく出てくるかもしれません。転職にあたってのガイドや業界のプロのコラムなど、他のコンテンツも充実しているのが魅力です。

マイナビエージェント 無料 全国 ☆☆☆☆ 詳細
【当サイトがお勧めするポイント】
マイナビエージェントは大手はもちろんのこと、これから伸びる・地域密着の中小のホームセンターの求人情報も幅広くカバーしています。+Agentと言って、女性の視点から女性の転職をサポートするサービスもついていますので、女性でホームセンターへの転職を希望している人は登録してみると良いでしょう。相談拠点は東京と大阪、名古屋にあります。

ホームセンターの求人事情は?

1960年代に、DIY関連用品を扱う店として登場して以来急激な売上を伸ばしてきたホームセンター業界。今ではDIY用品のみならず家具・家電、生活雑貨、更には医薬品や食品まで揃っているので、今まで1度も利用したことがないという人はいないのではないでしょうか。馴染みがあってそこに足を踏み入れるだけでワクワクする、そんなホームセンターへの就職を考えている人も珍しくないでしょう。

まずホームセンター業界全体の現状を見てみると、2007年度くらいまでは順調な売上を見せていたものの、その後伸びは鈍化し、更に追い討ちをかけるようにアウトレットモールや大型ディスカウントストア・ドラッグストアなどの乱立によって市場は飽和状態。以前であれば新規出店によって既存店の出すマイナスをカバーすることができていたものの、このような厳しい状況ではそれもハイリスクで、このため業者間の業務提携や統合が生き残りのための安全で合理的な方法になっています。その最たる例が、「カーマ」「ダイキ」「ホーマック」の3社が経営統合した「DCMホールディングス」で、この統合により息を吹き返し業界内で売上高首位に浮上しました。

このように、業界全体としてはやや低迷状態にあるホームセンターですが、この業界自体が不要となるとはおよそ考えにくく、この「氷河期」を乗り越えて再びブームを呼ぶかどうかは今後の各企業の戦略次第。この時期にあえてこの業界に乗り込み再興にチャレンジするのもやりがいのある仕事といえるかもしれません。実際、自由な発想と熱意を持って働ける店長候補を募集しているホームセンターが非常に多く、その募集枠は年齢も学歴も不問、40代の中途採用が続々入社しているところまであります。ホームセンターの働き方は、まず入社後店頭販売を経験、その働きが認められれば店長となり、更に認められればエリアマネージャーを経て本部の役員へとステップを進めていきます。つまり働き次第でそのホームセンターの運営側にまで上ることができ、前述のような業界再興の一端を担える可能性もあるのです。

勿論「単にホームセンターが好きだから」という理由でお店に留まって活躍してもOK。いずれの場合でも、まずは気に入っているホームセンターを運営している企業を選び、その本部から出ている求人に応募するか、あるいはその経営店舗の1つを選んで応募すると良いでしょう。ただし後者の場合で本部への昇進を考えている人は、予めその可能性があるかどうかを確かめておいてください。

ホームセンターの採用職種は?

ホームセンター業界で働くと言っても、各地にある店舗のスタッフとして働く人もいれば、それらの店舗を総括する本部で、つまり運営を組織する立場で働く人もいます。しかし例え後者の立場で、つまり本部に勤務する社員になって運営を組織する仕事がしたいと思っても、まずは下積みとして店舗に派遣され、そこで接客や品出しなどの仕事からスタートする場合が殆どです。これは新入社員の場合は勿論転職者であっても同じで、入社していきなり本部で運営に関わるのは、ヘッドハンティングで引き抜かれた人のようなよほど組織運営に長けた、すでに結果を出してきた人たちだけでしょう。

実際ホームセンター求人を見てみると、「店長候補」や「総合職へのキャリアアップ」などといったキャッチコピーが目立ちますが、よく見るとどれも「最初は店舗スタッフとして経験を積む」と記されています。この「店舗スタッフ」の仕事内容としては、接客、レジ、品出し、売り場作り、清掃、商品の発注など。これらも配属される売り場によって扱う商品は様々で、例えば演芸コーナーであれば土や植物の種など演芸にかかわる一切の商品の発注と品出し、植物の水やりや手入れ、商品がより魅力的に見えるレイアウトの工夫などが仕事になりますし、ペットコーナーでは小動物や熱帯魚の仕入れ、世話、ペット関連商品の陳列などが仕事になります。好きな分野へ配属されればベストですが、大抵の求人ではどのコーナーに配属されるかは未確定の状態なので、もし希望する配属先があるかどうかを面接の時点で聞いてもらえるなら予め伝えておくと良いでしょう。

こうして店舗スタッフとしての働きが認められるようになれば、売り場のリーダーを経て店長へとキャリアアップできます。ただし、入社時に「転勤ナシの地元採用か転勤アリの本部採用か」の希望が問われることが多く、この時「転勤ナシの地元採用」を選ぶとキャリアアップはここまで。その店舗の店長として定年まで働くことになります。一方店長の更に上、エリアマネージャーや本部役員にまでキャリアアップしたいのであれば、「転勤アリの本部採用」を選ばなければなりません。これを選んだ場合、もし店長としての働きが認められればエリアマネージャーへと昇進し、そのエリアにある全店舗の運営や店長教育を任せられることになります。ここで更にエリアマネージャーとしての手腕を発揮できたなら、本部役員へと昇進、その企業が運営する全国のホームセンター全体の運営を組織する立場として働くことになるのです。


Copyright (C) 2016-2018 ホームセンター求人ランキング All Rights Reserved.