残業が少ないホームセンターの求人

ホームセンターの転職TOP >> 条件別のホームセンターの求人 >> 残業が少ない

残業が少ないホームセンターの求人

ホームセンターへの就職を考える場合に気になるのが残業についてかもしれません。というのも、ホームセンターの口コミを見ると、「残業で帰宅はいつも午前様」「サービス残業で時給に換算すると750円」といった噂が多く目に付くからです。では実際のところ、ホームセンター業界の残業事情はどうなっているのでしょうか。

実はとある転職情報サイトで、日本の主な職種全80業種を対象に残業の多さをランクキングするという調査が行われたことがあります。これによると、残業が少ない業種は「ヘルス・スポーツ関連施設」や「薬局」、「専門店」など実店舗を構えサービスを提供する職種で、これらは営業時間が決まっているため土日出勤はあっても残業そのものは少なめの傾向にあるようです。逆に残業が多い業種はと言うと、「広告」や「新聞」、「ポータルサイト」など情報発信スピードが命のメディア関連が多く、休日は多いものの勤務日は長時間働く、という傾向にあることが分かりました。ではこの80業種の中でホームセンターはどの位置にあるのかというと、残業の少ない順で数えて第64位。つまり残業が多いワーストランキングで第16位ということになります。その前後の業種を見ると出版やハウスメーカー、つまり基本的に残業傾向の強いメディアや不動産業ですから、残業が少ない傾向にあるはずの「実店舗を構えるサービス業」としては異例の「残業が多い職種」であることが分かります。従って、「残業はどうしても避けたい!」という人が正社員の仕事を探す場合には、ホームセンター業界はあまりお勧めできません。

ただし、口コミにあるようにそれが全てサービス残業なのかというと、これは店舗によりけりで、残業はあるもののきちんと残業手当がつくというところも沢山あります。なので「沢山稼ぎたい」という人ならむしろそのようなホームセンターを選ぶのも1つの手ですね。また1ヶ月あたりの残業時間数に上限を設けて1人あたりの負担を抑えているところもあります。更に言えば、年中毎日残業になるというよりは、12月など繁忙期だけ集中して残業日数が増えるというパターンも多いですし、同じホームセンターでも担当する部署によって違うということもあります。

それでもあえて「残業少なめのホームセンター」にこだわるのであれば、正社員ではなくパート・アルバイトの募集から探してみることをお勧めします。会社によっては「アルバイトには残業させない」という方針を取っているところもあり、正社員の場合には非常に難しかったのにパート・アルバイトならあっさりと「残業ナシ」の求人が見つかった、ということも珍しくありません。

ホームセンターの求人も豊富!転職サイトランキング!

  サービス名 料金 転職エリア オススメ度数 詳細
DODA 無料 全国 ☆☆☆☆☆ 詳細



Copyright (C) 2016-2018 ホームセンター求人ランキング All Rights Reserved.