60代向けのホームセンターの求人

ホームセンターの転職TOP >> 条件別のホームセンターの求人 >> 60代向けの

60代向けのホームセンターの求人

「改正高年齢者雇用安定法」の施行により、定年後も希望すれば65歳まで働くことが可能になったものの、これまでの会社で「シニア社員」として働くことに居心地の悪さを覚えたり、給料が激減するなどが原因で結局退職してしまう人も珍しくありません。それでも経済的な理由で働く必要があったり、中には「仕事以外に趣味がない」という人もいたりで、60代からでも何とか転職できないかと考える人もいます。勿論60代からの転職はそう簡単なことではありませんが、ホームセンターに関しては、最も利用率の高い顧客の年齢層は60代男性とも言われていますし、上手に探せば転職先を見つけられるかもしれません。

60代のホームセンター転職を考えるにあたって、まずは「この年代(シニア層)で転職先を見つける効率の良い方法」について考えてみましょう。一般的に60代で転職する場合、利用するのは「仕事上のコネクション」か「私的なコネクション」。「仕事上のコネクション」とは現役中に培った人間関係を利用した転職方法で、例えば商品やサービスを注文してあげていた取引先の知り合いや、懇意にしていた同僚で先に転職したり起業したりした人などを頼りに採用の枠がないかどうか聞いてみるのです。ホームセンターへの転職で考えれば、仮に現役中にホームセンターの一店長やバイヤーとして活躍していた人と懇意にしていたのであれば、もしかしたら今頃はエリアマネージャーや本部役員になっているかもしれず、自分のエリア内で働ける場所がないかどうか調べてくれるかもしれません。

もう1つの「私的なコネクション」とは、例えば親戚であったり趣味を通して知り合った人であったり、もしかすると今でも続いている中学・高校・大学の同窓会で再開した相手だったりと、仕事とは関係のないところで知り合っている人をツテに転職先を探す方法です。プライベートで知り合っているので最初は気づかないかもしれませんが、「実は某交流会で知り合った彼は某ホームセンターの店長で現在スタッフを探している」という可能性もゼロではありません。あるいはコネクションを利用して、そのようなホームセンター業界関係者の知り合いがいないか聞いてもらうというのも1つの方法でしょう。

勿論コネクションを利用する以外でも、求人募集を探して応募してみる「正統派」での転職も不可能ではありません。しかし若い応募者たちも沢山応募してくるそのような求人募集で勝ち残るのは、やはり難しいと言わざるを得ないでしょう。

ホームセンターの求人も豊富!転職サイトランキング!

  サービス名 料金 転職エリア オススメ度数 詳細
DODA 無料 全国 ☆☆☆☆☆ 詳細



Copyright (C) 2016-2018 ホームセンター求人ランキング All Rights Reserved.