50代向けのホームセンターの求人

ホームセンターの転職TOP >> 条件別のホームセンターの求人 >> 50代向けの

50代向けのホームセンターの求人

50代からの転職については、もう他人から指摘されるまでもなく、「非常に厳しい」というのが事実です。勿論非常に優秀な成績を収めていて他社からヘッドハンティングを受けたというのなら話は別ですが、例えば残念なことにリストラの対象になってしまったり、リストラまでは言い渡されていないものの給料を大幅カットされて左遷の憂き目に遭い自主退職とのどちらかを選ばされているといった状況であれば、ひどい場合にはそもそも面接すら受けさせてもらえないことさえあります。ですから50代の場合、リストラでない限り、ホームセンターへの転職を考える前にも本当に転職すべきかどうかを良く考える必要があるでしょう。

転職するかどうかを考える際にまず計算したいのが、年金を受け取れる年齢になるまでのキャッシュフローです。現在の会社を最後まで勤め上げたとすればどれくらいの収入になるのかを計算し、そこに通常の支出に加えて病気や介護、給料カットなどのリスクを合わせて差し引き、今後やっていけるのかどうかを計算するのです。この結果、支出リスクが見込み収入を脅かすようであれば、転職はしない方が無難でしょう。またキャッシュフローに問題ないように思えても、性格的に転職に向かない人や家族構成などの要因ゆえに転職しない方がいい人もいます。例えば保守的で内向的、あるいは神経質でストレスが溜りやすい性格の人はガラッと環境が変わる転職には向いていませんし、本人は良くても家族に要介護者がいるなど精神的にも時間や体力の面でも負担を抱えている環境であればやはり転職は控えた方が良いでしょう。

一方で、これらのことを考えた結果転職した方が良い、あるいは転職するしかないという人であれば、次の段階としてまず「自分の棚卸し」を行いましょう。つまり、自分のスキルや経験、性格のポジティブな面などを洗い出して「自分の強み」をきちんと把握しておくのです。これは自己アピールに必須ですし、転職活動をしていくにあたっての自信やポジティブな態度を保つのにも役立ちます。もしこの「棚卸し」でホームセンター業界にとって非常に強みになるスキルや経験を発見したなら、その分野で活躍できるポストの空きはないか、積極的にあたってみるのも良いでしょう。

しかしそのような強みが見当たらないとしても、あきらめる必要はありません。ホームセンターでは新規店の出店などで大量の人材募集をかけることも珍しくないので、50代であっても元気な働き盛りであれば採用の可能性は十分にあります。常にアンテナを張っておき、そのような募集がないかをチェックするようにしましょう。

ホームセンターの求人も豊富!転職サイトランキング!

  サービス名 料金 転職エリア オススメ度数 詳細
DODA 無料 全国 ☆☆☆☆☆ 詳細



Copyright (C) 2016-2018 ホームセンター求人ランキング All Rights Reserved.