30代向けのホームセンターの求人

ホームセンターの転職TOP >> 条件別のホームセンターの求人 >> 30代向けの

30代向けのホームセンターの求人

一言で30代と言っても30歳と39歳とではかなり違いがあるのですが、一般に30〜36才くらいまでは転職に不利になることはないようで、これはホームセンター業界にもあてはまります。もし既にこれまでホームセンター業界で働いてきた人なら、むしろ非常に有利。会社側からすれば、既に業界やその業務に通じているわけですから、20代を雇用するより即戦力になり仕事を教える手間も省けるわけです。一方で、業界未経験者の転職の場合、これを「ラストチャンス」と捕らえておく方が良いようです。無理ではないにせよ20代と比べれば新しい仕事を覚える吸収力も鈍りはじめていますし、新たな環境に慣れることも遅くなりがちですから、これ以上年齢を重ねた後の転職はかなり不利、「これが最後の転職」と言う覚悟で臨みましょう。

そんな30代のホームセンター転職者に求められるのは、やはり即戦力。「だったらやっぱりホームセンター未経験者はダメじゃん・・・」とガッカリすることなかれ、要は「20代ではまだ身についていない能力がある」ということです。例えばホームセンターでなくても流通業に従事していたことがあれば品出しや接客の基本は身についていますし、管理職経験者であればマネジメント能力が身についているため、それらを今度はホームセンターで発揮できると考えられるわけです。この点をアピールしつつ、新たなホームセンター業界という分野で活躍したいという熱意を見せれば、「この人は我が社でいい働きをしてくれそうだ」と判断され採用に至る確率が高くなるでしょう。

それでホームセンターへの30代の転職には、即戦力を求め近い将来店長やマネージャーとしてマネジメント能力を発揮してくれる人材を探している企業がお勧めです。比較的新しく成長傾向にある会社や、新規店舗を増やしている会社などにはその可能性があります。30代であれば応募年齢枠に引っかかってしまうことも少ないですが、例えば「35歳まで」と記されていたとしても実際には37歳くらいまで幅を持たせているところもあるので、試しに尋ねてみましょう。会社が求めている人材に叶っていれば、多少年齢制限を過ぎていても採用される可能性は高いでしょう。

ただし、30代の未経験からの転職は前述の通りやはり不利ではありますから、もしかすると転職活動が長引いてしまう可能性もあります。この可能性を考えるなら、今の職場を辞めてしまわず働きながら転職活動をする方がお勧めです。

ホームセンターの求人も豊富!転職サイトランキング!

  サービス名 料金 転職エリア オススメ度数 詳細
DODA 無料 全国 ☆☆☆☆☆ 詳細



Copyright (C) 2016-2018 ホームセンター求人ランキング All Rights Reserved.