ホームセンターの転職の離職率

ホームセンターの転職TOP >> ホームセンターの転職の基礎 >> ホームセンターの転職の離職率

ホームセンターの転職の離職率

ホームセンターへの転職を検討しているようであれば、転職先は慎重に選んだ方が良いです。というのもホームセンターは全般的に見て離職率の高い職場と言われているからです。実際にホームセンターで仕事をした人の口コミ、運営するブログなどを見ても「あまりお勧めできない」という意見はしばしば紹介されていることからもわかります。「肉体的にも精神的にもつらい職場」というのがその理由です。

まずホームセンターは肉体的にハードです。ホームセンター含め小売業の場合、接客・レジ打ちの他に主要な仕事として品出しがあります。ホームセンターの場合、扱っている商品は大きく重たい傾向があります。場合によってはベッドやソファを出してこないといけません。またガーデニング関係のグッズも取り扱っています。動物のフンを加工した農業肥料の場合重たいのはもちろんのこと、臭いもなかなか強烈だと言います。品出しは主に男性店員が扱っているのですが、このハードさにやられてしまう人も少なくないようです。

ホームセンターの場合、老若男女さまざまな層のお客さんがやってくるのも特徴の一つです。中には接客の難しい人も来店すると言います。土木関係の肉体労働系のお客さんもしばしば来るのですが、店員によってはその接客がストレスに感じることもあるようです。土木関係の人は大半の人は優しいのですが、ガテン系で体ががっちりしていて、夏場などは長時間外で労働しているからか、浅黒く日焼けをしている人が多いです。この姿に圧倒されて、精神的な負担が重たく離職するというパターンも見られます。

ホームセンターの中には仕事がハードすぎて、1年くらいで離職する人も少なくありません。特に大学出たてで新卒の若い人に、就職したはいいけれどもすぐに離職してしまうケースがしばしばみられます。安易に転職先を決めてしまうと、入職してすぐに後悔してしまうといったことも十分起こりえます。ホームセンターの中には、新卒の離職率が2ケタを超えている所も実際にあるほどです。

ただしどのホームセンターでも、すべてこのように仕事がハードで耐え切れなくなってすぐに辞めざるを得ないわけではありません。中には従業員の間でも「働きやすい」と高く評価されている所も見られます。どうしてもホームセンターに就職したいと思っているのであれば、慎重に募集要項を見極めることです。興味のあるお店があれば、実際に店舗を訪れてみて店員の様子・職場の雰囲気をチェックしてみてもいいでしょう。

ホームセンターの求人も豊富!転職サイトランキング!

  サービス名 料金 転職エリア オススメ度数 詳細
DODA 無料 全国 ☆☆☆☆☆ 詳細



Copyright (C) 2016-2018 ホームセンター求人ランキング All Rights Reserved.