ホームセンターの年収相場

ホームセンターの転職TOP >> ホームセンターの転職の基礎 >> ホームセンターの年収相場

ホームセンターの年収相場

DIY用品や日用品、食品など生活の様々な面で利用することの多いホームセンター。しかしここで働いている正社員の年収相場となると、良くも悪くも全く想像がつかないという人も多いのではないでしょうか。勿論ホームセンターの中でもその本部に勤める役員クラスともなればかなりの高年収になりますが、ホームセンターへの転職を考えている人がまず気になるのは、とりあえず入社した時点での店舗勤務従業員の年収相場でしょう。ただ、相場と言っても年々変化していきます。ここでは2016年現在、つまり2015年度の総計から考察できる結果を元にしています。

まずホームセンター業界全体の、男女も年齢別も全てひっくるめた平均年収相場は、400〜480万円。このデータはホームセンター業界全体の売上が横ばい状態になりだした2007年前後から殆ど変わっていません。2015年の総計をまとめた全ての企業の平均年収は約440万円だったと言いますから、企業としてはごくごく平均的な年収ということになります。これを男女別に見た場合、男性の年収の方が女性の年収より50万円ほど高めになっていますが、これは他の一般的な業界と同じく女性の場合結婚や出産などで退職し給料水準が高くなる年齢まで勤務しない場合が男性と比べれば比較的多いためと考えられます。また年齢別に見ると、20代の平均年収は350〜380万円、30代に入ると400〜440万円、40才以上で450〜490万円となっていますが、これを年代別の全国平均と比べた場合、20代の頃はごく平均並みであるのに対し、40代以上になると平均をやや下回っているため、ホームセンター業界では本部役員への昇進など何らかのステップアップがなければ昇給幅も狭いということが分かります。

またホームセンター業界の中で最も平均年収が高かったのは「ニトリHD」、次いで「DCMホールディングス」、次いで「ワークマン」となっているのですが、売上高だけを見るとトップなのは「DCMホールディングス」、次いで「ニトリHD」、3位は年収ランキングでは上位5位のどこにも現われていない「コメリ」となっていますから、単純に「売上高=従業員の年収」とは言えないことも注意しておきましょう。また残業や残業手当の有無、昇給システム、賞与システムなどは全て本部会社の方針に沿って決められているので、初任給の数字だけでなく本部の方針内容についても良く考えてから応募するようにしてください。

ホームセンターの求人も豊富!転職サイトランキング!

  サービス名 料金 転職エリア オススメ度数 詳細
DODA 無料 全国 ☆☆☆☆☆ 詳細



Copyright (C) 2016-2018 ホームセンター求人ランキング All Rights Reserved.