ホームセンターの転職とやりがい

ホームセンターの転職TOP >> ホームセンターの転職の基礎 >> ホームセンターの転職とやりがい

ホームセンターの転職とやりがい

ホームセンターで働くと言っても、どんな部署でどんな立場で働くかによってその仕事のやりがいにも違いがあります。まず入社後すぐに入るのは店舗内の販売スタッフ。ここでは接客やレジ、商品の補充・陳列、商品発注と在庫管理などが主な仕事となりますが、ホームセンターの場合売り場面積が非常に広いため「園芸コーナー」「DIYコーナー」「カー用品コーナー」などそれぞれの売り場コーナーごとに担当が分かれます。例えば「元々園芸が大好き、商品に触れているだけでも幸せ」という人なら園芸コーナーの担当になっただけでも十分やりがいがあるでしょうし、「特にカー用品が好きだったわけじゃないけど、ずっとそこで働き続けることで愛着が沸きカー用品に詳しくなってきた」といった人でもやりがいが出てくるはずです。加えてそのような得意分野でお客様から何か質問されたり相談されたりしたときに、的確な提案ができ喜んでもらえるとこれも大きなやりがいに繋がります。

売り場スタッフとしての実力が認められれば、そのコーナーのリーダーを経て店長にまでキャリアアップできるかもしれません。ホームセンターの店長はその店全体の運営を任せられ、本部の方針に基づいてより売上を伸ばすための様々な工夫や計画を進めていくことができ、それらの店舗戦術が功を奏した時には大きな達成感を味わえるはずです。何を売るかを決めるのもある程度店長の裁量に任せられているところも多く、例えばお客様たっての希望で特定の商品を入荷し販売してみたところそのお客様に大変感謝されただけでなく、他のお客様からも非常に好評だったというエピソードをやりがいの1つとして語る店長もいます。

店長としての働きが認められると、そのままエリアマネージャーとしてエリア内にある店舗全てのマネージメントを任せられるようになるかもしれません。ここまでくると本部勤務も夢ではない状態。エリアマネージャーはその地域に密着したニーズを満たし他エリアの店舗にはないオリジナリティを出して業績を上げていくことに努めます。自分の裁量が具体的な数字となって表れますし、それが本部に認められるようになるので「会社に貢献している」という実感が持てるようになるでしょう。

エリアマネージャーとしての能力が認められ、本部役員へと昇進すれば、ホームセンター業界という広い視野から企業戦略にあたるという非常に大きな仕事に取り組むことになります。それだけ責任も大きくなりますが、現在低迷期にあるホームセンター業界の立て起こしに貢献できるなら大きな達成感とやりがいを感じることができるでしょう。

ホームセンターの求人も豊富!転職サイトランキング!

  サービス名 料金 転職エリア オススメ度数 詳細
DODA 無料 全国 ☆☆☆☆☆ 詳細



Copyright (C) 2016-2018 ホームセンター求人ランキング All Rights Reserved.