ホームセンターの転職と面接対策

ホームセンターの転職TOP >> ホームセンターの転職の基礎 >> ホームセンターの転職と面接対策

ホームセンターの転職と面接対策

ホームセンターに限らずどんな転職でも面接は避けて通れない、かつ重要なポイント。面接は待っている間から面接開場を設けている建物を出るまでの全てと言われていますから、面接官との受け答えだけ注意していれば良いというものではありません。特にホームセンターの場合、実際の仕事着は動きやすいジーンズにスニーカーなので面接もそのスタイルでOKと考える人もいるようです。しかしホームセンターの面接もあくまで面接、面接官やその職場の関係者への敬意を表す身だしなみが大切です。かといって面接開場が現場の店舗内なら、都会のオフィスのようなカッチリとしたスーツにヒールのある靴というのもやや不向き。なので、お勧めは落ち着いたブラウスにスカート、季節によってはカーディガンやブレザーなどをプラスして、靴もローヒールのシックなものを。つまり特にこれと言った印象が残らないほどの平凡なスタイルがお勧めです。これは女性の場合の例ですが、基本的な考え方は男性でも同じです。採用の合否が服装で決まることはまずありませんが、少なくとも社会的常識を持つ人であることは示す必要があるでしょう。

肝心の面接時の質疑応答に関しても、やはり基本は他の転職面接と変わりません。必ず聞かれるのは「前職の退職理由」と「応募先企業への志望動機」、「自己アピール」、「前職の職務内容」、「得意とすること、苦手なこと」など。特に大切なのは退職理由と志望動機で、志望動機が退職理由に繋がっていればベストです。例えば「前職は事務職でただ黙々と仕事をこなすだけの毎日でしたが、自分には沢山の人と出会い会話する接客業の方が向いていることに気づきました。接客業にも色々ありますが、子供の頃家族で休日にホームセンターに出かけることがとても楽しみで、私にとってとても馴染みのある場所なので、是非こちらで働かせていただきたいと思いました。」といった感じ。ポイントは、退職理由がネガティブにならないようにし、かつ転職によって夢が実現するなどポジティブな印象を与えることです。

また自己アピールや前職の職務内容、長所や短所は、できるだけ志望するホームセンターに貢献できることを印象付けるような仕方で話しましょう。前述の例で言えば、「経理事務をしていたため数字に強く仕入れや商品管理に必要な基本的なパソコン知識を持っている」、「人と接するのが好きで誰とでもすぐに打ち解けられるので接客向き」などと言えるかもしれません。また短所も「負けず嫌いでついむきになってしまうことがあります」など、ホームセンターで働くにあたって長所にもなり得るような話し方ができればベストでしょう。

ホームセンターの求人も豊富!転職サイトランキング!

  サービス名 料金 転職エリア オススメ度数 詳細
DODA 無料 全国 ☆☆☆☆☆ 詳細



Copyright (C) 2016-2018 ホームセンター求人ランキング All Rights Reserved.